2009年 05月 28日
本流ヤマメ
早朝の本流を覗いてみました。
午前3時に現地着。しばらくして空が白み鳥の泣き声が河原の方向から聞こえてくるようになった。ロッドは自宅で繋いであり4Xのテイペットの先にはスティミュレーター#8を結んでおいた。ウェーダーだけ準備して釣り場に午前3時半に立った頃、ものすごい数のニッポンヒゲナガカワトビケラが川面に乱舞する。鱒達もそれほど多くはないが、ボコッ、バシャーンなど騒々しい。そのライズを追いかけ追いかけ、念願の尺超え本流ヤマメを手にする。(^_^)v
饗宴は30分で終わった。2ヒット、1ゲットが今日の結果。


e0144195_1812149.jpg2009/05/26
天気:晴れ
気温:10℃
水温:不明
ハッチ:ニッポンヒゲナガカワトビケラ
タックル:Leonard Split Cane Rod 39L 7'6" 5Weight 4X/16'0"
フライ:スティミュレーター#8


午後4時半を回った頃からイブンニングの雰囲気が河原に漂うが、ハッチは見られない。待ちに待って午後6時頃にモンカゲロウのものすごいスピナーフォールが始まった。この大きなスピナーにライズするのは稚鮎ばかりで、ヤマメのライズはまったく無い。ヤマメはモンカゲロウを食わない、これ結論。
ヒゲナガは暗くなっても出てこないところを見ると、早朝だけのハッチだな。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-05-28 18:11 | 利根川水系


<< 早朝のハッチ      岐阜・富山ミーティング >>