2011年 03月 09日
本流
最上流から最下流までおおよそ15kmの区間をライズを探しながら彷徨した。最後に寄った流れで今日唯一のライズを見つけなんとかヤマメを手にすることが出来た。
川で話を聞いた地元の釣り人によると、解禁前の2月には多くのヤマメが見られ、解禁日には尺サイズを含め好調であったとのこと。解禁日から冷たい雨が続いて、不調になったらしい。釣りの結果を左右するハッチの様子が読めない。ユスリカやガガンボの流下がまったく見られないなんて今まで経験したことが無い。そしてコカゲロウのハッチは2月の暖かい日に終わってしまったのだろうか。そうだとすると、4月のマダラカゲロウが始まるまで好漁は期待できないかもしれない。


e0144195_2091114.jpg2011/03/09
天気:曇り
気温:不明
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/12'0"
フライ:スペントカディス#18
[PR]

by henrysforkangler | 2011-03-09 20:01 | 利根川水系


<< マルタウグイ      2011年度解禁 >>