カテゴリ:利根川水系( 19 )

2011年 03月 09日
本流
最上流から最下流までおおよそ15kmの区間をライズを探しながら彷徨した。最後に寄った流れで今日唯一のライズを見つけなんとかヤマメを手にすることが出来た。
川で話を聞いた地元の釣り人によると、解禁前の2月には多くのヤマメが見られ、解禁日には尺サイズを含め好調であったとのこと。解禁日から冷たい雨が続いて、不調になったらしい。釣りの結果を左右するハッチの様子が読めない。ユスリカやガガンボの流下がまったく見られないなんて今まで経験したことが無い。そしてコカゲロウのハッチは2月の暖かい日に終わってしまったのだろうか。そうだとすると、4月のマダラカゲロウが始まるまで好漁は期待できないかもしれない。


e0144195_2091114.jpg2011/03/09
天気:曇り
気温:不明
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/12'0"
フライ:スペントカディス#18
[PR]

by henrysforkangler | 2011-03-09 20:01 | 利根川水系
2010年 03月 04日
渓流解禁
早朝に年券を購入し、9:00前に駐車場から川を覗くと早くもライズが見られる。急いで支度をしていたら友人が到着。早々に二人で川に下りる。
過去に実績のあるポイントは浅い流れになっていて悪い予感が頭をよぎる。褐色にオレンジラインが綺麗なウグイ3匹を立て続けに掛けてしまった。下流に入った友人から電話があり、すでにヤマメ3匹とのこと。ウグイの件告げると、場所替えのお誘い。ウグイに滅入った気分を変えようと下流のプールに移動し、何度かのバラシの末、今シーズン初のヤマメをなんとかゲット。
欲しくも無い「一匹男」の称号をこの友人から引き継ぐことになりそうです。

e0144195_103292.jpg2010/03/01
天気:曇り
気温:10℃
水温: 7℃
ハッチ:ガガンボ、コカゲロウ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 7X/10'0"
フライ:スパークルダン#18
[PR]

by henrysforkangler | 2010-03-04 10:11 | 利根川水系
2009年 06月 12日
早朝のハッチ
早朝のニッポンヒゲナガカワトビケラの量は少なくなって、大型の鱒の派手なライズもさっぱり見かけなくなってしまった。
午前4時を過ぎた頃から比較的大型のメイフライのまばらなハッチがある。種は同定できていないが、ダークダンで#14~#12サイズ。
少し遠目15ヤードほど先の本物のメイフライに並べてスパークルダン#14を浮かべておくと、集中が途切れた頃に25cmどまりのヤマメが水面に口先を出して吸い込むように喰ってくる。


e0144195_2251496.jpg2009/06/12
天気:晴れ
気温:12℃
水温:不明
ハッチ:カゲロウ、ニッポンヒゲナガカワトビケラ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 7X/12'0"
フライ:スパークルダン#14


e0144195_22103276.jpg2009/06/10
天気:曇り
気温:18℃
水温:不明
ハッチ:カゲロウ、ニッポンヒゲナガカワトビケラ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 5X/12'0"
フライ:スティミュレーター#12
[PR]

by henrysforkangler | 2009-06-12 22:11 | 利根川水系
2009年 05月 28日
本流ヤマメ
早朝の本流を覗いてみました。
午前3時に現地着。しばらくして空が白み鳥の泣き声が河原の方向から聞こえてくるようになった。ロッドは自宅で繋いであり4Xのテイペットの先にはスティミュレーター#8を結んでおいた。ウェーダーだけ準備して釣り場に午前3時半に立った頃、ものすごい数のニッポンヒゲナガカワトビケラが川面に乱舞する。鱒達もそれほど多くはないが、ボコッ、バシャーンなど騒々しい。そのライズを追いかけ追いかけ、念願の尺超え本流ヤマメを手にする。(^_^)v
饗宴は30分で終わった。2ヒット、1ゲットが今日の結果。


e0144195_1812149.jpg2009/05/26
天気:晴れ
気温:10℃
水温:不明
ハッチ:ニッポンヒゲナガカワトビケラ
タックル:Leonard Split Cane Rod 39L 7'6" 5Weight 4X/16'0"
フライ:スティミュレーター#8


午後4時半を回った頃からイブンニングの雰囲気が河原に漂うが、ハッチは見られない。待ちに待って午後6時頃にモンカゲロウのものすごいスピナーフォールが始まった。この大きなスピナーにライズするのは稚鮎ばかりで、ヤマメのライズはまったく無い。ヤマメはモンカゲロウを食わない、これ結論。
ヒゲナガは暗くなっても出てこないところを見ると、早朝だけのハッチだな。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-05-28 18:11 | 利根川水系
2009年 04月 13日
栃木ミーティング
釣りだけでなく、栃木の「美味しい食べ物」とキャンプなど満載のJFFミーティングに参加してきました。
下流域で試した早朝のミッジングはウスバヒメガガンボやユスリカのハッチが大量にあって水面を流れているのに鱒たちがほとんどライズしない状況で不発に終わりましたが、上流域のミーティング会場周辺でのお昼頃のコカゲロウの釣りはそこそこ楽しめました。


e0144195_931198.jpg日中は夏のような日差しで、さすがにウェーディングもライトウエイトでOKです。


e0144195_8155355.jpg2009/04/11-12
天気:晴れ
気温:24℃
水温:不明
ハッチ:ウスバヒメガガンボ、ユスリカ、シロハラコカゲロウ
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 7X/16'0"
フライ:スパークルダン#16



4月12日午後より上流ダムからの放水が始まったようで、4月14日現在50cmの水位上昇です。
水位が下がるまで、しばらくお休みになります。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-13 22:11 | 利根川水系
2009年 04月 03日
カディスの釣り
本流ヤマメの釣りはスランプを脱すること叶わず(泣)。

スワンレイクには#20ほどのシナモンカディスがチラホラ。
カディスは岸際の水面に落下するから、食い気満々の沢山のヤマメが岸近くをクルージングしています。
岸際から少し離れてキャスト、 とってもイージーな釣りでした。


e0144195_22174645.jpg2009/04/03
天気:晴れ
気温:15℃
水温:不明
ハッチ:シナモンカディス
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 7X/16'0"
フライ:CDCカディス#20
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-03 22:21 | 利根川水系
2009年 03月 25日
マダラカゲロウの姿、いまだ無し
早朝4:00に自宅を出発して一般道のみの150kmの道のりを3時間を切った。ちょっと早すぎなので車で仮眠を取る。
9:20を過ぎて30~40羽のツバメが川面を低空飛行して、行ったり来たり。川岸でセキレイの声も聞こえる。
中洲にウエーディングスタッフを使って渡渉する。
カゲロウなどの流下は確認できず。11:00まで待つが、なにも起こらず。
少し上流部まで移動する。ウスバヒメガガンボの流下多数あるも鱒の気配は見えない。流れの落ち込みでライズを獲るが残念ながら赤腹でした。橋の上流側プールに4人居るが、鱒が確認できて集まっているのか、たまたま4人で入ったのか判らない。
次年度の年券を購入しようと早々に移動するも、遊漁券売り場は水曜日が定休日(泣)。
チェーンゲートで川を見るとひとりのフライフィッシャーが雨具を着込んでウェーディングしているが、遠目にはライズ確認できず。
12:30を過ぎ、雨足が強くなったので帰路に着く。


e0144195_2085174.jpgツバメの低空飛行を撮ったつもり
[PR]

by henrysforkangler | 2009-03-25 20:00 | 利根川水系
2009年 03月 15日
四打数一安打
解禁日より本流詣での結果です。
本人自身の問題もあるが、強風や気温・水温といった外部条件に起因する結果でもある。
今回もYabechさんやTransplusさんと一緒だが、またしても結果は出なかった。


e0144195_21243082.jpg2009/03/13
天気:晴れ
気温:10℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ、ナミヒラタカゲロウ
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 6X/16'0"
フライ:スパークルダン#16


e0144195_21341358.jpgスワンレイクで隣のルアーマンが釣り上げた50cmはあるブラウン。
鯉のようで鯉と違う体形のヤツがウロチョロしているのが見えるのは多分こいつの仲間で、何匹も居るようだ。さてこの情報でストリーマーを引く輩が出没するだろうか?(笑)
[PR]

by henrysforkangler | 2009-03-15 21:29 | 利根川水系
2009年 03月 07日
渓流解禁
一般渓流が解禁されました。
今年のシーズン開けは不調が続き、まだ結果が出ていませんでした。
「不調の原因は寒さ対策の不備」と考えてネオプレーンウエーダー着用とインナーを多く着込んでの出撃で、縁起を担いでロッドも使い慣れたThomas&Thomas Midgeです。
雨の日が続くなか今日は久々に晴れる日で明日からまた一週間が雨の天気予報であれば、この日は外せません。今日の約束を急遽来週に延期してもらってお昼前には河原に立ちました。
10時頃からコカゲロウの流下とそれへのライズが始まります。何度かのL.D.R.を繰り返し、やっとのことで取り込んだヤマメはスモルト系の体形で、かけた時にクネクネと頭を振り、少し異質な感じのファイトをする銀ピカのヤツでした。


e0144195_1351742.jpg2009/03/05
天気:晴れ
気温:10℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 6X/16'0"
フライ:スパークルダン#16、#18


e0144195_1414685.jpgこれは近隣にある支流筋のヤマメ。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-03-07 13:00 | 利根川水系
2008年 04月 14日
鬼怒川ミーティング
所属する釣りクラブの鬼怒川ミーティングに参加しました。
開催地はσ(^_^)の庭のような勝手知ったる場所なので、関西組と北海道組を案内しながらの釣りとなりました。


e0144195_2321164.jpg2008/04/12
天気:晴れ
気温:10℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ、ガガンボ
タックル:Thomas&Thomas Split Cane Rod Midge 7'0" 4Weight 7X/14'0"
フライ:スパークルダン#16


本命の本流は上流ダムからの放水で水量が多く(平水位の+50cm)て望みがありません。
支流に逃げる準備をしていたら、北海道組から意外な支流筋でライズ多数の情報がもたらされました。最終的には総勢12名が狭い場所に一列にウェーディングすることとなりました。
ほとんどの方が良型をゲットされたようで、メデタシ。
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-04-14 22:36 | 利根川水系