カテゴリ:相模川水系( 20 )

2011年 03月 01日
2011年度解禁
今年の解禁日は冷たい雨の予報。道路の凍結が怖くて近場の川にお昼頃から出かけた。
平日にもかかわらず多くの釣り人が目指すポイントには入っていて、葦が茂り足場の険しい場所しか空いていなかった。
型は小さかったけど何匹かのヤマメに出会うことが出来た。


e0144195_1955820.jpg
2011/03/01
天気:曇り
気温:不明
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/12'0"
フライ:スペントカディス#18
[PR]

by henrysforkangler | 2011-03-01 19:58 | 相模川水系
2010年 05月 13日
アマゴ
今年は季節が遅れていて、ゴールデンウィーク過ぎての本格的なシーズンインの感じです。
ポカポカ陽気が続くなか、近所の渓流へご機嫌伺い。


e0144195_1165883.jpg落ち込み上の開きへのファーストキャストにシーズン初の綺麗なアマゴが出てきてくれました。
開けた明るい渓流で当分の間楽しませてくれそうです。


e0144195_1153452.jpg2010/05/13
天気:晴れ
気温:20℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/10'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by henrysforkangler | 2010-05-13 11:02 | 相模川水系
2007年 05月 17日
GW
■GW前
抜かれる前に、よく行く渓流を片っ端から釣り巡りしておきました。


e0144195_1275430.jpg2007/04/27
天気:晴れ
気温:15℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ
タックル:Leonard Catskill Replica 7'0" 2Weight 6X/9'0"
フライ:スパークルダン#16


e0144195_1282591.jpgストマックにはヒメフタオカゲロウのニンファルシャックが見られました。


■GW前半
友人とスケジュールが合ったので、二人で本流詣でをしました。
今日はお昼過ぎから雨の予報だったのですが、雷を伴う大嵐となってしまいました。この雷雨の中クロマダラカゲロウのハッチがあり、多くのツバメ達が川面を滑空しながらこれを啄ばんでいました。多くのマダラ流下にもかかわらず、ヤマメは雨で荒れた水面を見辛いのか、ライズは散発でした。
岸近くのライズの主はギンピカプリプリもち肌の別嬪さんばかりでした。


e0144195_12113210.jpg2007/04/28
天気:雷雨
気温:15℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ、クロマダラカゲロウ、オオマダラカゲロウ
タックル:Leonard Split Cane Rod 39L 7'6" 4Weight 6X/16'0"
フライ:スパークルダン#14


e0144195_12122712.jpg下流域ではイブニングにオオマダラカゲロウのハッチがあって多くのライズがあるも、その主は婚姻色の出たウグイでした。
[PR]

by HenrysForkAngler | 2007-05-17 12:05 | 相模川水系
2007年 03月 30日
瀬を釣り上がる
初夏のような陽気に鱒達は瀬に入っていったようで、餌釣りでは狙えないような浅い瀬を釣り上がると小さいけれど沢山のヤマメに出会えるようになりました。


e0144195_8295217.jpg2007/03/30
天気:晴
気温:20℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:Leonard Catskill Replica 7'0" 2Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by HenrysForkAngler | 2007-03-30 08:28 | 相模川水系
2007年 03月 23日
神経質なライズの主
山梨県の激戦区。
有名ポイントは先行者が居て入れませんが、少し歩いて穴場的な場所を見てみると空いていました。(^_^)v
10:30頃からコカゲロウの流下が始まり、それに伴うライズが散発ながらも見られました。
スパークルダン#18を流すと一発で出ましたが,、スレスレのヤマメらしくフライを放すのが速い速い。あわせる間もなく、フライは水面に浮いて漂うばかりでした。
やっとの思いで釣り上げた神経質なライズの主は残念ながら小ぶりで見るからに放流直後の魚でした。


e0144195_8324330.jpg2007/03/23
天気:晴
気温:14℃
水温:不明
ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ、マイクロカディス
タックル:Thomas&Thomas Split Cane Rod Midge 7'0" 4Weight 7X/12'0"
フライ:CDCダン#20


e0144195_833371.jpgマイクロカディス
[PR]

by HenrysForkAngler | 2007-03-23 08:31 | 相模川水系
2006年 05月 12日
イワナ
今シーズン初めてのイワナです。って云うか、この川では初めてのイワナです。
淵尻で定位しているのを獲りました。
本来はイワナの川じゃないんですけど...

今の時期、良型のヤマメ達は淵尻に着いていることが多い。新しい淵では、まずはある程度の距離から淵尻にフライを投入したほうが良いようだ。うっかり近寄ると、手前の良型を追いやって、そのポイントをダメにすることになる。


e0144195_12325821.jpg2006/05/12
天気:晴れ
気温:21℃
水温:不明
ハッチ:モンカゲロウ
タックル:7'0" 2Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16


e0144195_12352011.jpgGWにアユの稚魚が放流されたらしい。
水深があって、穏やかな流れからは10cmそこそこの稚魚がフライにアタックしてくる。

釣り上がって餌師に追いついた。
魚篭のなかは、こんな稚アユがいっぱい...
[PR]

by HenrysForkAngler | 2006-05-12 12:31 | 相模川水系
2006年 04月 28日
GW前
GWには多くの釣り人が訪れ、多くのヤマメ達が抜かれていくだろうから、その前にもう一度楽しんでおいた。
20cmそこそこのヤマメが小一時間で”つ抜け”した。
水生昆虫のハッチピークは過ぎたけど、どうやら気温21℃、水温14℃はヤマメ達にはとても快適であるらしい。


e0144195_12385452.jpg2006/04/28
天気:晴れ
気温:21℃
水温:14℃
ハッチ:不明
タックル:7'0" 2Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by HenrysForkAngler | 2006-04-28 12:44 | 相模川水系
2006年 04月 25日
里川のヤマメ
最近ご無沙汰だった里川に通っている。
サイズこそ小さいが何尾かのヤマメに必ず逢える。
お昼近くに出掛けて、2~3時間釣りをして、家族には釣りに出掛けたことも気付かれない程静かに帰宅する。
都会の釣り人にとっては夢のような生活だ。


e0144195_12414256.jpg2006/04/25
天気:曇り
気温:20℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:7'0" 2Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by HenrysForkAngler | 2006-04-25 12:40 | 相模川水系
2006年 04月 14日
今日のヤマメ
さすがに4月中旬にもなると、近郊の渓流であっても解禁当初の喧騒が無くなる。
無くなるのが「人影」だけでなく「魚影」も無くなるのは残念だけど...
橋から見下ろした流れの中には解禁当初と違って魚影は見えないし、多くのライズが見られるプールにもハッチピークが過ぎた現在では何も見られない。

考えてみれば、いつも先行者の影を気にしながらセコイ釣りに終始するよりは、誰も居ない流れでゆっくりと釣りが出来るのは、良いもんだ。
こまめに拾っていけば、何尾かのヤマメにも必ず逢えることだし。


e0144195_12463925.jpg2006/04/14
天気:曇り
気温:15℃
水温:11℃
ハッチ:不明
タックル:7'0" 2Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by HenrysForkAngler | 2006-04-14 12:45 | 相模川水系
2006年 03月 16日
別嬪ヤマメ
解禁から何度も渓流に通ったが、今年の渓流はハッチが貧弱でまったく良いところがない。
今日の渓流は例年この季節はコカゲロウのスーパーハッチとそれに対するライズが見られるのだけれど、今年は他の渓流と同じようにハッチが貧弱でライズも見られなかった。
帰路についたが諦め切れず最後のポイントに寄り道したところ、車が3台止まっていて餌師が上流と下流に数人。
なぜか中央の人が居ないプールで良型がライズしているではありませんか。
そしてそのライズの主が写真のヤマメで、29cmありました。


e0144195_12545715.jpg2006/03/16
天気:曇り
気温:15℃
水温:不明

ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ
タックル:7'6" 4Weight 7X/12'0"
フライ:スパークルダン#18、CDCダン#20


プールなど流れの穏やかな場所でライズする鱒を釣る時、ダウンクロスにキャストしてフライ先行でヒットに持ち込むと云うパターンが定番みたいなものだったけど、最近アップクロスにキャストする機会が断然多い事に気付いた。
ティペットも7Xより落とした事は無い。ティペット先端を逆Uの字に曲げる技術がある訳でも無い。
それで釣果が落ちたと云う自覚は勿論のことありはしない。
[PR]

by HenrysForkAngler | 2006-03-16 12:53 | 相模川水系