<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 29日
テントウムシ
あれ? なんでこんなフライを巻いているんだろう...


e0144195_8335645.jpg天道虫(Ladybug)
Hook: TMC 100BL #18
Wing: black foam
Body: Fly-Rite(Rusty Orange)
Tail: None
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-07-29 08:52 | 道具
2008年 07月 24日
高原を流れる川
お気に入りの高原を流れる川に行ってきました。
急な傾斜を下って谷底に立つと、まるでジュラシックパークにでも出てきそうな景観です。川底は砂に埋まり、多くの倒木が川面に張り出し、いたるところ蜘蛛の巣が...
蜘蛛の巣を払いながら進みますが、リーダーのノットに粘着質な蜘蛛の糸が絡み付き、何度もリーダーが切断されて多くのフライを失いました。
何匹かの小さなイワナが出たところで気分が滅入り脱渓です。


e0144195_911437.jpg2008/07/23
天気:晴れ
気温:28℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 3Weight 6X/9'0"
フライ:スパークルダン#14
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-07-24 09:13 | 天竜川水系
2008年 07月 23日
ケタバス
湖の水位がかなり上がっていて、ハスは流入河川に上がっているものと、湖のなかでクルージングしているものがいます。
ニジマスは集まっていないようです。


e0144195_2055240.jpg2008/07/23
天気:晴れ
気温:30℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 3Weight 6X/9'0"
フライ:アント#14



ケタバス過去の記事

[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-07-23 20:58 | 湖・湖沼
2008年 07月 05日
北海道(道東)の釣り
今回の釣行は宮城Mの同行者のYabechさんと連荘で約2週間の長丁場。
前半はプラスYabechさんの友人と三人で知床の河川を周り、後半は湖中心の釣りを行った。
往路は新潟港から小樽まで、復路は苫小牧港から大洗港までフェリーを利用する。Yabechさんの友人は往復ともに航空機を利用。


■2008/06/22-25
天気:曇り
気温:12℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 4X/12'0"
フライ:スパークルダン#14


e0144195_2238075.jpg知床のオショロコマ
同じ淵から何匹も飛び出してきて、釣るのがかわいそうになるくらい産な奴らでした。
英名ドリーバーデン、朱点がとても綺麗な魚です。



e0144195_23244770.jpgヤマメも飛び出してきましたが、これは6月末まで禁漁中。
顔のわりに体が大きく、地元では”デカパン”と呼ばれているそうです。



■2008/06/26-07/02
天気:曇り
気温:15℃-25℃
水温:不明
ハッチ:モンカゲロウ
タックル:Leonard 39L 7'6" 5Weight 4X/16'0"
フライ:モンカゲロウ#8、#10、シケーダ#6、#8


e0144195_23343732.jpgモンカゲロウのハッチを釣る。
ライズがあった場所近くにダンのパターンを浮かべて待つ。


e0144195_12194085.jpgモンカゲロウのダン


e0144195_1275021.jpgシケーダに出たニジマスでは今回のビッグワン。
今年の湖はアメマスばかりが釣れてきて、ニジマスとヒメマスは数が少ないようでした。


e0144195_1392673.jpg交尾中に落下してしまったシケーダ。
オスの方がメスよりも二回り以上も小さい。
スペントしたウイングがフライタイイングの肝になりそうです。



e0144195_1228386.jpgニンファルシャックや水面に落下したモンカゲロのスピナーを観察するMr.K氏。はたしてマッチするフライの手持ちはあったのだろうか...



道東の釣り過去の記事
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-07-05 13:21 | 北海道