<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 19日
来シーズンに向けて
ノッテッドリーダーのテーパー部のティップセクション、ティペットが繋がれる部分を新しい長いものに交換しました。その他のセクションはまだ使えるので、そのまま残して使うことに。
そして、せっかくラインをリールから引き出すことになったので、4年~5年のあいだ何もケアされていなかったラインのクリーニングもすることにしました。


e0144195_1712247.jpgティッシュペーパーで何度か乾拭きして汚れを落とした後、コートランド製のラインクリーナーでクリーニングとフロートコーティングを施します。


e0144195_17152087.jpg
手入れの完了したラインの巻かれたリールを並べてみました。
こうやって見ると結構な数になりますね。
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-12-19 17:26 | 道具
2008年 12月 10日
Thomas&Thomas Split Cane Rod Midgeのレストア
やせ細ったコルクグリップを新品に交換しました。
Thomas&Thomasは立ち上がりの強いスエルドバットが特徴で、コルクグリップの交換を素人が行うには少々難易度が高い気がして躊躇していました。
しかしコルクの劣化はついに限界で、決断の時が来てしまいました。


e0144195_23541998.jpgコルクはプライヤーでむしり取ってブランクの接着剤をファイリングします。さらに、ストリッピングガイドとスネーク1個、それにフックキーパーとチェックを取り外して、新しいグリップを先端から入れます。


e0144195_23565932.jpgシェービングまで完成したThomas&Thomas Split Cane Rod Midgeのグリップ部。残念ながらワインディングチェックは再利用不可で、新しい部品に交換しました。
後ろにあるのは今回同時にレストアしたOrvis Battenkill Midgeのグリップ部で、これはオリジナルより1インチ短いクラシックシガータイプに変更しました。ラッピングの位置がズレた為に日焼けの痕が出てしまいましたがやむをえないでしょう。またスレッドをブラウンからスカーレットに変更しました。
[PR]

by HenrysForkAngler | 2008-12-10 00:09 | 道具