<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 04月 30日
奥出雲ミーティング
釣行では初めて関が原を越えて、所属するクラブのミーティングに出かけてきました。
東京からは片道800kmの道のりです。
夜9時過ぎにhiroRGさんの車で東京を発って早朝2時に京都に到着。そこからはMr.Kさんの車に乗り換えです。こういった仲間が居るからこそ実現できたハードな釣の旅でした。

【奥出雲の釣り】
連日の風雨で釣りにならず。
名物の割子蕎麦を味わい、風呂桶で飼われているコギ(ゴギ)の種魚の見学と奥出雲ならではの楽しみを。


e0144195_23291817.jpg風呂桶で飼われているコギ(ゴギ)の種魚で、約40cm程のサイズ。
とても神経質そうな性格で、何度も桶やネットからの脱出を試みて滝登りジャンプを繰り返します。


【奥美濃の釣り】
京都のMr.Kさんと別れた後、高速料金の1,000円均一の恩恵を受けるために、連休の飛び石具合から美濃と飛騨で2日間の釣りを行うことにした。
初日は奥出雲の嵐を引きずり、この時期で雪が舞う天気にやる気も失せる。安房峠は積雪があったらしい。
悪天候でも確実なC&R区間で釣ることにした。


e0144195_0215316.jpg2009/04/27
天気:曇り
気温:6℃
水温:不明
ハッチ:コカゲロウ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16

日本海に注ぐ九頭竜川水系にもかかわらず、なぜか朱点の綺麗なアマゴが釣れてきます。



【奥飛騨の釣り】
2日目は快晴の好天で、期待も膨らむ。
aoyamameさんのホームグラウンドは川幅も広く、深くウェーディングしてライズを拾うというσ(^_^ )好みの釣りだ。昨年に比べるとずいぶん魚の数が少ないそうだが、それにしても釣っても釣ってもライズが絶えない。しかもなかなかのサイズ揃いだ。


e0144195_23464370.jpg2009/04/28
天気:曇り
気温:17℃
水温:不明
ハッチ:ガガンボ、コカゲロウ、カディス、モンカゲロウ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 7X/12'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-30 23:11 | その他の河川
2009年 04月 21日
アマゴとイワナ
すでにアマゴとイワナの混生地域もシーズンインしている。
2年ぶりに比較的近場の山岳渓流に来てみた。熊は出ないそうだが、「熊出没注意」の看板が...唐辛子スプレーは車に置いて、チリンチリンの音付で谷を降りました。
約3km少しの区間で、小さなイワナと綺麗なアマゴが数匹づつ...


e0144195_9455089.jpg2009/04/20
天気:曇り
気温:20℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 3Weight 7X/9'0"
フライ:スパークルダン#16

e0144195_946344.jpgイワナとの混生地域でしかもアマゴだから出方はとてもおおらかで緩慢です。
それでもサイズの割りにパワーがあって少しビックリ。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-21 09:57 | 富士川水系
2009年 04月 13日
栃木ミーティング
釣りだけでなく、栃木の「美味しい食べ物」とキャンプなど満載のJFFミーティングに参加してきました。
下流域で試した早朝のミッジングはウスバヒメガガンボやユスリカのハッチが大量にあって水面を流れているのに鱒たちがほとんどライズしない状況で不発に終わりましたが、上流域のミーティング会場周辺でのお昼頃のコカゲロウの釣りはそこそこ楽しめました。


e0144195_931198.jpg日中は夏のような日差しで、さすがにウェーディングもライトウエイトでOKです。


e0144195_8155355.jpg2009/04/11-12
天気:晴れ
気温:24℃
水温:不明
ハッチ:ウスバヒメガガンボ、ユスリカ、シロハラコカゲロウ
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 7X/16'0"
フライ:スパークルダン#16



4月12日午後より上流ダムからの放水が始まったようで、4月14日現在50cmの水位上昇です。
水位が下がるまで、しばらくお休みになります。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-13 22:11 | 利根川水系
2009年 04月 03日
カディスの釣り
本流ヤマメの釣りはスランプを脱すること叶わず(泣)。

スワンレイクには#20ほどのシナモンカディスがチラホラ。
カディスは岸際の水面に落下するから、食い気満々の沢山のヤマメが岸近くをクルージングしています。
岸際から少し離れてキャスト、 とってもイージーな釣りでした。


e0144195_22174645.jpg2009/04/03
天気:晴れ
気温:15℃
水温:不明
ハッチ:シナモンカディス
タックル:Thomas&Thomas Midge 7'0" 4Weight 7X/16'0"
フライ:CDCカディス#20
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-03 22:21 | 利根川水系
2009年 04月 02日
スプライス
フライラインとリーダーの結束部は#5以上のものはブレイデッドのループにパーフェクションノットによるループで、#4以下のものはネイルレスネイルノットを使っています。
ネイルレスネイルノットはトップガイドでひっかかるので、ノットの先をフライラインの内部を貫通するようにしてあります。


e0144195_1033981.jpgフライライン先端からニードルを刺してリーダーを貫通させる穴を開けます。


e0144195_10332651.jpgリーダーのバット部を貫通させます。


e0144195_10334378.jpg2ターンのネイルレスネイルノットで結束します。


e0144195_10335649.jpgノットの瘤も小さくまとまってトップガイドへのひっかかりは最小限ですみます。
[PR]

by henrysforkangler | 2009-04-02 10:41 | 道具