2010年 09月 26日
ハス&ニジマス
今年は気温が高かったので水温もまだ下がりきれていないから、まだまだバスの活性が高い。
で、ハス君は元気一杯ですが、ニジマスはグロッキー状態。
流れ込みではケタバスが悠々とライズし、湖水ではチョット小型で銀ピカなヤツが元気にクルージングしてます。


e0144195_23292176.jpg2010/09/22
天気:晴れ
気温:21℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/10'0"
フライ:アント#14


e0144195_23364860.jpg


e0144195_23332414.jpg
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-09-26 23:38 | 湖・湖沼
2010年 08月 04日
歩きの山岳渓流
山岳渓流を再チャレンジしました。
ふもとの駐車場から約5kmの林道を歩いて高度差600mを登りました。最初の2kmが心臓破りの坂道で、くじけそうになりながら一気に駆け上がりました。釣りは標高1,500m~1,600mまでの区間を、入渓と脱渓を繰り返しながら約2.5kmを釣り上がり。
特大は出ませんでしたが、良いサイズが沢山釣れました。


e0144195_1541514.jpg道半ばで2頭のニホンカモシカに遭遇。午前9時頃のことです。
しばしお見合いの後、かれらは断崖のような急斜面を駆け下りていきました。


e0144195_15105694.jpg2010/08/03
天気:晴れ
気温:32℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/10'0"
フライ:スパークルダン#14
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-08-04 15:20 | 天竜川水系
2010年 07月 22日
バスで行く山岳渓流
うだるような暑さが続く中、涼を求めて山岳渓流へでかけてきました。
登山客と一緒にふもとの駐車場から一気に1,600mの登山拠点となる場所までバスで移動です。今日は10名以上の釣り客がいたようです。バス停近くの河原にはすでに何名かが釣りを始めていたので、誰も入っていない場所を求めてさらに7km程の林道を歩いて高低差200mを登りました。息は切れませんでしたが、さすがに疲れた。ここ高地でも暑さは平地と同じくきびしく、持参した水1Lもあっという間になくなってしまいました。
釣りは谷底の高度で1,800m~1,900mまでの約3km区間。
さすがに此処まで来ると、良いサイズが沢山釣れます。


e0144195_1085711.jpg


e0144195_1093367.jpg2010/07/21
天気:晴れ
気温:30℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/10'0"
フライ:スパークルダン#14
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-07-22 10:17 | 富士川水系
2010年 07月 06日
2010年夏ヘンリーズフォーク釣行
昨年末になんとなく決まったヘンリーズフォークへの釣行ですが、σ(^_^ )は2005年秋の釣行から5年ぶり、夏の釣行は6年ぶりになります。9.11以来、経済の低迷もあってイエローストーン周辺への航空機のアクセスが不便になっていましたが、今年からはソルトレイクシティへ成田からの国際便が飛ぶことになって、とても便利になりました。


e0144195_832518.jpgイザ出陣。
駐車場からサイドチャネルを渡って、下流のホットスポットに向かいます。
例年のハイシーズンなら此処にはニジマスやホワイトフィッシュの稚魚が群れて小さいながらも流下物にライズを繰り返しているのですが、今日はなにも見えません。季節が一週間ほど遅れているようです。
写真モデルは同行者のNakajimanさん と、H.F.初釣行のiwana_mさん



我々を迎えたのはイブニングのシナモンカディスと昼間のイエローサリーで、遅れてPMD。グリーンドレイク、フラブなどのハッチが見られたのは帰国間近になってのことでした。


e0144195_11395685.jpgダイビングカディスによってウェーダーに産み付けられた卵塊


e0144195_123890.jpgYellow Sally


e0144195_11454034.jpgPale Morning Dun(PMD) /♂
午前10:00頃に流下が見られるが、ハッチの総量は少なくまだ本格的ではない。抜け殻を引きずった個体が多く見受けられるように思う。
早朝のスピナーフォールもなし。


e0144195_120856.jpgWestern Green Drake /♀
6月28日(月)11:00頃に最初の流下を発見。まず鳥達がグリーンドレイクのハッチに気づき、それをフライフィッシャーが見つける。
翌29日(火)はフライフィッシャーで川はお祭り騒ぎとなったが、鱒達はまだ気づかぬ様子。鳥に啄ばまれて失われたダンの流下に比べ、ニンファルシャックの流下が異様に目に付く。


e0144195_11503430.jpgFlavalinea/Flav(Small Western Green Drake) /♀
7月1日(木)のカディスの流下が始まる前、19:00頃に最初の流下を発見。
このメイフライのハッチが始まるとイブニングのバンク際のライズが安定して釣りやすくなる。


バンク際のビッグワンを狙うには川中ほどまでウェーディングしバンクに向かってキャストする。沖目のライズはほとんどが小物なので手を出さないのが賢明。ミニサイズのレインボウ以外にブルックやホワイトフィッシュが釣れてくる。
ヘンリーズフォークは我々が訪れる一週間前から上流のダムの放水量を制限してしまったために水深が例年の-50cmと極めて浅く、鱒達は極めてスプーキーで手強い。


e0144195_1413849.jpg2010/06/25-07/02
天気:晴れ
気温:30℃
水温:16℃
ハッチ:イエローサリー、PMD、グリーンドレイク、フラビリニア、シナモンカディス、マイクロカディス
タックル:Leonard 49H 7'6" #4 3pc Replica,PaulYoung MarthaMarie 7'6" #5 3pc Replica 5X/14'0"
フライ:スパークルダン#16,CDCダン#14,CDCカディス#18


e0144195_141455.jpg午前中のPMDにライズする20インチを超える鱒を川底に跪いてのストーキングの末に手にした至福の瞬間。
ワン・ツー・スリーでハイ・ポーズ。


e0144195_218316.jpg土手に営巣するマスクラット


e0144195_2194518.jpg翼を広げるとゆうに2mはあろうかという大きな鳥、ペリカン


旅の中日、気分転換を兼ねてイエローストーン公園内の流れを釣る。公園入場料金$25/1日(車)、フィッシングライセンス$15/3日也。


e0144195_1421411.jpgアッパーマジソン
時間的にPMDのハッチに会わず不発に終わる。


e0144195_1419981.jpgファイヤーホール
尺ヤマメの入れ食いのハズが尺ブラウンの入れ食いとなる。


e0144195_14254149.jpgファイヤーホールといえばこの北米バイソン(バッファロー)に気をつけなければいけない。釣りに夢中になっていると、気づかないうちに数メートルの距離に...バックキャストを引っ掛けては洒落になりません。


e0144195_21114936.jpg草原に営巣する愛らしいプレーリードッグ
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-07-06 08:36 | 北米
2010年 05月 13日
アマゴ
今年は季節が遅れていて、ゴールデンウィーク過ぎての本格的なシーズンインの感じです。
ポカポカ陽気が続くなか、近所の渓流へご機嫌伺い。


e0144195_1165883.jpg落ち込み上の開きへのファーストキャストにシーズン初の綺麗なアマゴが出てきてくれました。
開けた明るい渓流で当分の間楽しませてくれそうです。


e0144195_1153452.jpg2010/05/13
天気:晴れ
気温:20℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 6X/10'0"
フライ:スパークルダン#16
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-05-13 11:02 | 相模川水系
2010年 03月 04日
渓流解禁
早朝に年券を購入し、9:00前に駐車場から川を覗くと早くもライズが見られる。急いで支度をしていたら友人が到着。早々に二人で川に下りる。
過去に実績のあるポイントは浅い流れになっていて悪い予感が頭をよぎる。褐色にオレンジラインが綺麗なウグイ3匹を立て続けに掛けてしまった。下流に入った友人から電話があり、すでにヤマメ3匹とのこと。ウグイの件告げると、場所替えのお誘い。ウグイに滅入った気分を変えようと下流のプールに移動し、何度かのバラシの末、今シーズン初のヤマメをなんとかゲット。
欲しくも無い「一匹男」の称号をこの友人から引き継ぐことになりそうです。

e0144195_103292.jpg2010/03/01
天気:曇り
気温:10℃
水温: 7℃
ハッチ:ガガンボ、コカゲロウ
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 7X/10'0"
フライ:スパークルダン#18
[PR]

# by henrysforkangler | 2010-03-04 10:11 | 利根川水系
2009年 12月 11日
イージーリリーサー
釣友のふくちゃんの自作リリーサーはとても便利な道具で、以前に頂いて長い間使い倒していたのですが先日ちょっとした不注意から湖に沈んでしまいました。
そこでσ(^_^ )も自作してみました。


e0144195_14194154.jpgσ(^_^ )はステンレスワイヤを綺麗な円に曲げられないので、スプリットリングのワイヤを伸ばすという荒業でリリーサーの部分を作りました。軸がちょっと細目ですが強度や機能には問題ないようです。むしろ懐の狭いミッジサイズのフックにも対応します。
我がモデルの秀逸は取っ手部分に使い古しの歯ブラシを使ったこと。とてもグリップが良くて使い勝手がよろしい。そして水中に落としても沈みません。(^_^)v
[PR]

# by henrysforkangler | 2009-12-11 15:29 | 道具
2009年 10月 12日
カメムシの釣り
湖畔の道をライズを探して走る。
さすがに此処の道は北海道と違ってすべて舗装されていてガードレールまで完備している。穏やかな日には水面に飛翔に失敗したカメムシやテントウムシが浮かび、沖合いからは鱒がそれらを喰うために接岸する。
ほんの少しの交通費で北海道の疑似体験が出来る。


e0144195_816507.jpg湖水のライズを探しながら湖岸道を走る。


e0144195_2341050.jpg放流鱒だけどブルーバックが綺麗に輝きます。


e0144195_8183094.jpgその気になって観察すれば、大量のカメムシが木や草の茎や葉っぱに居るのが判る。姿も大きさも千差万別。カメムシって水面落下してもひっくり返らなければ泳ぐし、水中を歩くのを初めて知りました。


e0144195_819998.jpg
[PR]

# by henrysforkangler | 2009-10-12 08:15 | 湖・湖沼
2009年 09月 08日
1,900mの山岳渓流
標高1,900mまで高度を上げてきました。
渓流に下りて第一投目に川底から大きなイワナが浮上してきてゆっくりと毛鉤を咥えました。そして案の定右手が勝手に動いて失敗です。第二投目を投げますが、イワナは二度と上がってきません。残念...
「最初の一匹を失敗するとその日一日が不調になる」というジンクスが重く圧し掛かりますが、気を取り直して遡行開始です。

e0144195_1029786.jpg2009/09/07
天気:曇り
気温:25℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 5X/10'0"
フライ:スペントカディス#14


e0144195_10293360.jpg色調・紋様の個体差が大きいです。

e0144195_1029201.jpg今日のビッグワン。
画像は尾っぽが切れて残念なことに...

[PR]

# by henrysforkangler | 2009-09-08 10:33 | 富士川水系
2009年 08月 28日
山岳渓流
ハイランドミーティング以来、釣れない大イワナに魅せられて...
標高1,500mの山岳渓流に出かけてきました。

e0144195_22561979.jpg2009/08/27
天気:曇り
気温:30℃
水温:不明
ハッチ:不明
タックル:J's Factory L7334J 7'3" 4Weight 5X/10'0"
フライ:スパークルダン#14

広い瀬の中に見つけた竿抜けとなりそうな石裏の深みから出た尺イワナ


e0144195_2313756.jpg入渓直後からヤマメみたいな出方をしますがフッキングしません。10匹ほど出たところでフライを#10から#14にサイズダウンしたらこんな美形のイワナが何匹か釣れてきました。さすがアバズレですね(笑)。


e0144195_2353410.jpgベストの中身は必要最小限とし、弁当と飲料水(お茶)と防寒具と兼用のレインウエアはヒップバッグに収納です。
今回は透湿性ウェーダーを着用しました。
[PR]

# by henrysforkangler | 2009-08-28 23:10 | 富士川水系